昨日の深夜にコインチェックが謝罪会見していました、どうやらコインチェックは、仮想通貨交換業者の登録がされていなかったようですね、zaifなどはちゃんと登録されているようです。

今日はまた、知らない言葉が耳に飛び込んできました、

「マルチシグ」です。

使われ方でいうと

#NEMに対してマルチシグの対応はしていなかった

というような使われ方でした。

(マルチシグとは?)

マルチシグとは、簡単に言えば、ビットコインの秘密鍵が1つではなく、複数に分割されており、ビットコインのアクセスは一定数以上の鍵を合わせる必要があるようなイメージです。

マルチシグの対応は、少し前にビットフライヤーが対応し、最近はBitbankのwalletも使うようになったらしいです。

 

どの仮想通貨ブログを見ても取引所のお勧めは、大体コインチェックでしたが、昨日のようなことがあると、やはりセキリュティシステムなどに信頼がおける取引所を選んでいきたいですね。

 

昨日youtubeで個人がハッキングされている瞬間の動画を見たのですが、そこでは暗号通貨を少し取られてしまうのですが、途中で気づいたために必死で取られまいと攻防を繰り返していました、(8万回ほど再生されています)

アドレスが1NBtで始まっていたのですが、マルチシグに対応しているものは3から始まっているとのことでした。

 

コインチェック公式を装った詐欺も出ているので注意してください。藤崎マーケットの人も仮想通貨を失ってしまったようですね、でも仮想通貨やってたなんて、お笑いの人って情報感度高いなって感じです。

 

NEM財団が流出資金の自動追跡プログラムを開発を開始したらしいです。現状では580億円のNEMを取引できる取引所も世界には存在しないとのこと、

プログラムを作ったのは日本人らしいですよ!

通貨に対してマーキングしているわけではなく、犯人の財布に対してマーキングを行ってる、その犯人が送金したら、その受け取り財布もマーキングされてNEMが使えなくなる、、、

こんな感じでしょうか!