仮想通貨の投資はリスクも伴います、ほかの投資対象も探して「分散投資」すると資産運用がしやすくなります。

最近注目を集めているのは、

*「個人型確定拠出年金(iDeCo)」

*「積立NISA」

などがありますね。

先日、友達数人と食事してる際に、iDeCoの話になって、私は全然わからないので詳しく聞きたかったのですが、話が変わってしまって聞くことが出来ませんでした、

なので今日はiDeCoについて調べて見たいと思います。

 

「確定拠出年金とは何?」

確定拠出年金とは、将来受け取る資産を形成するための資産を運用するもの。

運用益が非課税になり、所得控除が受けられ、受け取り時に一定額まで非課税になるため、所得税や住民税を節税できるというお得な制度。

*原則として60歳になる前に積立金を引き出すことはできない。

運用した資産が60歳の時にどのくらいの額になっているかはわかりません、運用次第で積み立てた掛け金を上回ることもあれば、元本を下回る結果になることもあります。

iDeCoは自分自身の投資判断次第で、将来もらえる資産を増やすことができるのです。

年を取ってからの生活やお金のことはとても不安になります。

年金だけでは不十分!

足りない分は自分の力で用意する、iDeCoはまさにそんな時に役立つ制度です。

iDeCoのメリットを調べて見ましょう。

①掛け金が全額「所得控除」され、毎年税金が戻ってくる

iDeCoの最大のメリットは、なんと言っても「税金が安くなる」優遇があることです。

iDeCoで積み立てた掛け金の全額が所得控除され、所得税・住民税が軽くなります。年末調整や確定申告を行うことで、所得や掛け金に応じて納めた金額が戻ってきます。

自分の節税効果がどのくらいか気になる方はiDeCoナビでチェックしてみましょう。

 

②運用中に得た利益に税金はかからない

得られた利益から税金が差し引かれることなく運用できるので、利益を雪だるま式に増やすことができます。

 

③運用資産を受け取る時も、「退職金控除」「公的年金等控除」でお得

運用した資産は60〜70歳までの間に、「一時金」「年金」「一時金と年金の両方」の3つのいずれかの形式で受け取ることが出来ます。

一時金の形式で受けtれば「退職金所得控除」、年金の形式で受け取れば「公的年金等控除」が受けられ、所得税がウンと安くなります。

 

④月額5000円から始められる

iDeCoの掛け金は毎月5000円から始められます、毎月手軽な金額から始められ、毎月堅実にコツコツ積み立てられるのです。

 

⑤運用する金融商品のコストが低い

iDeCoで取り扱われる投資信託は、信託報酬など、運用期間中にかかるコストが低いものが多いです。

そしてiDeCoで取り扱われる多くの投資信託は、購入手数料がかかりません。

 

iDeCoのデメリットについても説明しておきます。

 

①60歳まで運用中の資産を引き出せない。

途中で解約することも、原則認められていないので、iDeCoを始めるからには、「老後資金以外では使わない」という覚悟を決めましょう!

 

②口座開設・維持に意外と手数料がかかる

口座開設と維持に意外と手数料がかかってしまうのがiDeCoの難点です、まず加入する際に2777円を、運用期間中も月額167円を支払わなければなりません。

iDeCoは長丁場の投資になりますので、手数料が高くつきます、口座にかかる手数料を意識して、金融機関を選びましょう。