今日も仮想通貨以外の投資について調べてみたいと思います。

今日は「積立NISA」です、友人や弟もやっているようです。

 

2018年1月から「NISA」「ジュニアNISA」に続く3つめのNISAと言われる「積立NISA」がスタートします

 

NISAの特徴を調べてみましょう

 

①年間40万円までだから低リスク

②20年間も運用益が非課税になる

③投資期間も長く20年間!

 

年間に投資できる金額の「40万円」と、現行NISAの「120万円」よりも少額となりますが、投資できる総額がNISAが5年間で600万円であるのに対して、NISAは20年間で800万円と多く、堅実にローリスクで運用していきたい人向けの制度です。

 

年間投資限度額は少ないですが、非課税期間が20年のため、トータルで考えれば、大きな貯蓄性を秘めていると考えられます。

 

低リスクの商品を長期投資するため、相場状況を毎日チェックする手間がいらず、初心者でも始めやすい内容です。

 

積立NISAのデメリットにも調べてみましょう。

 

  1. 元本割れの可能性がある
  2. 投資対象の金融商品が限定されている
  3. 損益通算できない
  4. 繰越控除できない

 

積立NISAでは運用商品を、金融庁が厳選した投資信託やETFから選ぶことになります、投資信託やETFは元本が変動する商品です、元本が変動するということは、運用中に元本割れする可能性があるということです。

 

積立NISAでは金融庁の厳しい基準をクリアした投資信託やETFしかラインアップされていません、対象が限定されることで選びやすくなる反面、幅広く商品を選べないというデメリットがあります。

 

複数の証券口座を使って投資している場合、それぞれの証券口座の一年間の利益と損失を合算して、税負担を軽くすることができます、このルールを「損益通算」と言います。

しかし積立NISA口座では損益通算が出来ないために、証券口座Aでプラス30万円、積立NISA口座でマイナス10万円だった場合、30万円がそのまま課税対象になってしまいます。

複数の口座で並行して投資を行いたい方にとっては、デメリットになります。

 

損益通算をしてもマイナスが残った場合、向こう3年にわたってマイナス分を繰り越し、翌年以降の利益と相殺することが出来ます、このルールを「繰越控除」と言います。

積立NISAでは繰越控除も出来ないのです、ですが、長期投資ととらえれば、3年の繰り越しは、あまり意味をなさないのかもしれません。

 

 

システムやデメリットをまとめてみますと、長期でコツコツと運用したい投資のビギナーには価値があり、iDeCoと違っていつでも引き出せて、長期間の非課税で老後資金の貯蓄もOK、ジュニアNISAやiDeCoとの併用も可能ということになります。