またですよ!またですよ!

 

イタリアの取引所BitGrailで仮想通貨Nano(XRB)が盗まれてしまいました!

 

日本円に換算すると184億円相当、盗まれたNanoは1700万XRBで、これはNANO全体の13%になるそうです。これを受けてXRBの価格は大きく価格を下げている模様。

 

Nanoってなんなの?

 

ふざけている場合じゃないですね

 

まずNANOでググったら日本のかっこいいバイリンガル歌手が出て来ちゃいましたけど、これ違うなと思って仮想通貨でググり直しました。

 

通貨名(通貨単位):Nano(NANO)

 

 

なんかちょっとリップルに似てますね、リップルのマークを分解したような感じ

 

通貨単位はXRBです

XRBは2/10現在では24位の時価総額を誇る通貨らしいです

ホワイトペーパーhttps://nano.org/en/whitepaper

ホワイトペーパーってこんな風になってるんですね!

全然読めない!

 

ホワイトペーパーって何かと言いますとですね、

 

ホワイトペーパーwhite paper)とは白書のことであるが、近年、ホワイトペーパーという用語は、政府でない何かを議論する文書という意味でも使用される。 この項目ではそのような文書について記述する。 多くのホワイトペーパーは特定の技術と商品の利点を支持する。

 

wikiから参照しました

 

NANOコインとは、Raiblocks(ライブロックス)という通貨をリブランドして作られた仮想通貨です。

最近できた通貨と間違われがちですが、そんなことはない。

 

なんでもRaiblocksの発音の仕方がわからなかったから変えた説とかがあります

 

名前を「NANOコイン」に変えてさえ、人気を得ているので将来的にも期待のできる通貨

 

 

「送金手数料が無料」「送金スピードが超高速」という特徴がある

 

取引所はBINANCE(バイナンス)

 

こんなに利点揃いだからハッキングされてしまったんですね

 

しかしBINANCE(バイナンス)

なんか最近バイナンスヤバしです

ログインできない状況が続いているとか、

理由はメンテナンスだったのらしいですが、

なぜログイン出来なかったかというと

バイナンスがDDoS攻撃を受けていたようです。

 

てかDDoS攻撃ってなんスカ?

 

ググったよ←

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、情報セキュリティにおける可用性を侵害する攻撃手法で、ウェブサービスを稼働しているサーバネットワークなどのリソース(資源)に意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスを妨害する攻撃、である。

だそうです!

 

みんなも購入した通貨は各自のウォレットやハードウェアウォレットなどに移したりして自己管理体制をしっかりと整えましょう!

 

で、でね、ハードウェアウォレットで人気のLedgerNanoS(レジャーナノS)ってのがあるでしょ、

 

Amazonとかメルカリで買うのは無しですよ!

 

メルカリはすでに販売禁止になったようです。

 

新品とか、正規品と書かれていても怪しいですからね!

データとか盗まれちゃったらマジ悲しいですよね(泣)

 

 

明日あたりzaif登録しようかなぁ〜

 

以上でーす。