ビットコインが120万円まで上がって来ましたね、

今日は暗号通貨の基本についてお話したいと思います。

 

暗号通貨の種類は2つあります。

 

ビットコイン」と「アルトコイン」です。

 

ビットコインは1つしかありませんが、アルトコインは1000種類以上存在します。

 

「アルトコイン」とは直訳で「(ビットコインの)代わりとなるコイン」という意味です。

 

なぜこのように別れたのでしょう?

 

それはビットコインが最初の暗号通貨であり、現時点で最大の時価総額を持つため影響力が大きく、暗号通貨全体の基軸通貨のようになっているからです。

 

 

ただし今後はビットコインを超えるアルトコインが誕生するかもしれません。

 

アルトコインの仕組みは、ビットコインと本質的なところは変わらないのですが、機能面(安全性や取引速度)で価値を高めたものが開発されたり、資金収集を目的として発行されたりしています。

 

アルトコインには、「イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、ネム、カルダノ、ネオ、ライトコイン」など、1000種類以上が存在します。

 

 

ビットコインやアルトコインはどこで買えるのか?

 

それは「取引所」と呼ばれるところで購入します。

取引所はどこにあるのかというと

インターネット上に存在します。

 

日本の取引所にはどんなところがあるのかというと、有名な所では、「Zaif」「ビットフライヤー」「コインチェック」などです(コインチェックは18年1月にNEMというアルトコインの流出問題が起こりましたので注意してください)。

 

日本の取引所を使えば日本語で分かり易いのですが、デメリットでいうと、アルトコインを扱う種類が少ないです。

 

日本で扱っていない通貨を購入する場合はどうするかというと、海外の取引所(例えば香港の「バイナンス」など)に口座を開設します。

 

口座開設は、取引所によっては日本語で翻訳してくれているサイトもあるので、海外でも難易度はそれほど高くはないと思います。

 

これから高騰しそうな魅力的なアルトコインほど、海外の取引所にあったりするものです。

 

開設のプロセスはシンプルですが、パスポートなどの、顔写真つきのプロフィールをアップロードする必要はあります。

 

 

口座を開設したら、あとは取引所にお金を振り込んで、好きなコインを買いましょう。