今日もニュース寄せ集めていたのですが、先ほど急に面白い記事を見つけたので書き直しですw

 

 

こちらはGOODLUCK3さんの記事からになります。

 

イーサリアムの技術を使ったゲームになるようです。

 

 

「くりぷ豚」とは

 

スマホ上に生息する不思議な生き物です。

 

オス・メスの区別もなく色や形も様々。

(ダイバーシティーへの配慮が感じられますね)

 

種類は、およそ3京6,000兆通り!

(種類多すぎてピンと来ませんw)

 

 

 プレイヤーはそれら無数に存在する「くりぷトン」の中から、お気に入りの「豚」を手に入れ、「オーナー」となることができます。

手に入れた「くりぷトン」たちは、「お見合い」機能を通じ、配合することが可能です。
自身の持つ「くりぷトン」同士を「お見合い」させることで、新種の「くりぷトン」を手に入れることができます。

さらに、「お見合い」は他のユーザーの持つ「くりぷトン」とも可能です。どんな種類が生まれて来るかは「お見合い」してみてからのお楽しみ。意外な組み合わせや、思いもよらないタイミングで、未知なる「くりぷトン」との出会いがあるかもしれません。

そして、本ゲーム最大の特徴は「取引所」と呼ばれる機能です。「取引所」では、世界中のユーザーが出品した「くりぷトン」が所狭しと並びます。プレイヤーは仮想(暗号)通貨イーサリアムを用いて、それら「くりぷトン」を相互にトレードすることが可能です。

<グッドラックスリー公式サイト>
http://www.gl-inc.jp/

※イーサリアムとは?
仮想(暗号)通貨の一種。取引で行われる契約の内容を自動的に実行・保存可能な「スマートコントラクト」機能を持つ。

 

 

 

くりぷトンのお見合いとかって、超楽しそうじゃないですか?笑

 

 

 

『くりぷ豚(トン)』のゲーム紹介動画を公開中

 

 

 

 

 

『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』サービス概要
タイトル:くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)
ジャンル:ふしぎ生物シミュレーション
対応OS:iOS/Android
配信予定日:今春配信予定

 

今春配信予定ということは、まだのようですね、もうそろそろなのでしょうか?

 

 

◆ソーシャルプラットフォーム『LuckyMe』のご紹介

グッドラックスリーでは、今回ご紹介した『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』の他に、ブロックチェーン関連事業としてソーシャルプラットフォーム『LuckyMe』(https://tokensale.luckyme.org/ )の開発も推進しております。
LuckyMeはブロックチェーン技術を活用し、独自のトークンである『LUCKCOIN』により、広告収益のみに頼らない、あたらしい形のエコシステムの成立をエンパワー(支援)するシステムです。
独自の分配・評価ロジックにより、様々なメディアでLUCKCOINが流通することを想定しており、将来的には『LuckyMe』を『くりぷ豚(トン)(Crypt-Oink)』に対応させることも検討しています。

<LuckyMe公式サイト>
https://tokensale.luckyme.org/

このゲームは他のイーサリアムを使ったゲームよりも、一般的というか、そんなに難しくなさそうで親しみやすさを感じずにはいられません!

 

ぶぅ

 

 

リリースが楽しみです!

 

 

それではまた!

 

 

 

 

 


ビットコインランキング