コインポストさんの記事からになります。

仮想通貨交換業者 申請中の会社です。

 

 

 

何だか聞いた事あるような会社が続々と申請中ですね。

サイバーエージェントって、社長さんが奥菜恵と以前に結婚してたところですよね、

メルペイっていうところは、親会社がメルカリですし、

LINEの会社もあります。

 

仮想通貨交換業者であるMr. Exchangeと東京ゲートウェイは、セキュリティー体制の不備が金融庁により指摘され、登録取り下げとなったようです。

 

申請を取り下げたみなし業者は

 

こちらです。

 

金融庁などの規制も厳しく、コインチェックのハッキング事件などもあったために新しく取引所を登録するのは大変なようですね。

 

こうしてみると仮想通貨はやっぱりだめなのかな?と思ってしまいがちですが、

イーサリアムやブロックチェーンを用いて多種多様な企業が団結し、

出来たのがイーサリアム企業連合(EEA)です。

 

このEEAはJPモルガンとサンタンデールによって発足し、日本のトヨタも参入し大きな話題を呼びました。

 

それに

ロシア、中国、韓国の仮想通貨・ブロックチェーン協会は仮想通貨の広告を禁止したインターネット企業を集団訴訟する構えです。

この訴訟では、Facebook、Google、TwitterそしてYandexによって設けられた広告の制限に反対する形となります。

 

どんどん変わりゆく仮想通貨業界ですね!

 

変わるといえばイケハヤさんの記事でまた面白いものを見つけました。

 

これからはネットもWEBもどんどん変わっていくというお話です。

 

WEB3.0←こちらをクリック。

 

 

WEB3.0の性質などが面白いです。

 

2.0とか3.0とか言われると、なぜか反応したくなりますよね。

 

それでは性質について、

 

  • 非中央集権(分散的)
  • データは企業ではなく、ユーザーが保有
  • 相互運用性がある
  • ボーダーレス
  • サーバーダウンなし
  • (+トークンによるインセンティブ設計)

 

図で表すと何だかわかりやすいです。

 

 

こちらがついていけないくらい、目まぐるしく動きが変わって行きますが記事を追加して行きます。

 

 

それではまた!

 

 

 

 

 


人気ブログランキング