いろんなブログで目にしましたので、今日はこの記事をピックアップです!

 

 

 

中国の深圳を拠点とする「32Teeth」は、より多くの人を健康的で綺麗な歯並びにすべく、ブロックチェーン歯ブラシを開発中。

現在、JD Finance(京東金融)でクラウドファンディングを行っているそうです。

 

32Teethは、顔認識、センサー、ビッグデータなどを応用して、歯を本当にきれいにすることを目指しています。

この歯ブラシは OCD(強迫性障害)で苦しむ人たちの助けにもなるようです。

この歯ブラシアプリは、16の歯面清浄度を正確に識別し、ユーザのブラッシング活動データを分析し、強力なインテリジェント通知機能を提供する。そして、歯を磨く方法に、文字通り内なる目を与える AR(拡張機能)機能を提供してくれます。

 

 

どのように拡張機能が追加されるのでしょうか?

 

 

うーん、ちょっと中国語がわかんないですけど、%が出てるあたりどうやら磨き残しなどがわかりそうですね!

 

 

この歯ブラシでは、ブロックチェーン技術を応用し、正確に歯の位置がわかるだけでなく、

顔認識システム等の優れた機能も搭載されるそうです。

 

 

 

 

 

そして何故だか個人でマイニングもできるそうなんです。

 

 

 

 

こちらが三角形型仮想通貨マイナーです。

 

 

中国の企業では、ブロックチェーン技術を使ったスマートフォンを開発中で、スマートウォッチに関してはすでに発売されたようです。

 

企業名の由来ともなっている成人の歯の総数32本をそれぞれマイニング場に見立て、しっかり磨いた本数や頻度に応じて、独自の通貨を配布します。

 

独自の通貨とは

 

AYA(中国語で愛牙幣、文字通り、「歯を愛するコイン」という意味)」

 

とう名のトークンです。

 

現在このプロジェクトはクラウドファンディング上で人気を博しており、既に目標額の10万人民元(約170万円)を超えて出資を受けているそうですが、

 

5月までは続けるそうです。

 

中国の親御さんたちは、子供がマイニング目当てで犬の歯を磨いてしまうんじゃないかと心配しているようです。

 

 

こればっかりは、始まってみないとわかりませんねw

 

 

それではまた!

 

 

 

 


ビットコインランキング